白髪染め 口コミ メンズ

白髪の原因について

 

 

自分の髪に白髪が目につくとショックを受けると思います。でも、どうして白髪ができてしまうのでしょうか。

 

髪の色はメラニン色素によって作られています。もともと髪は白いのですが、髪の怪我作られていく過程の中でメラニン色素が髪に混ざり、髪に色がつくのです。

 

メラニン色素には、黒色メラニンとも呼ばれるユーメラニンと、黄色メラニンといわれるフェオメラニンの2種類があります。この2つの割合によって髪の色が変わります。日本人の場合は黒色メラニンが多いので、黒い色をしている方が多いです。

 

白髪の原因は、メラニン色素を作量が減ったり作れなくなることです。髪の場合は根元にメラノサイトというメラニンを作る細胞が集まっていて、この部位でチロシナーゼという酵素の働きによってメラニン色素が作られています。何らかの理由でチロシナーゼがメラニンを作れなくなることで白髪ができます。

 

年齢とともに白髪が出てくるのは、加齢に伴いチロシナーゼの量が減ったり働きが衰えるからです。

 

若白髪の場合は、ストレスや栄養不足が考えられます。ストレスは自律神経を乱してメラノサイトの働きに影響を与えます。メラニン色素を作るにはヨウ素、チロシン、銅などの栄養素が必要で、これらの栄養素が不足することも白髪の原因です。

 

 

 

絶対失敗しない「白髪染め」の選び方

 

 

 

白髪が目につくと抜きたくなりますが、白髪を抜いてもまた生えてきてしまいます。ストレスや栄養不足が原因の場合は、原因となることを改善することで白髪の改善が期待できますが、加齢による白髪の場合は改善は期待できません。また、ストレスなどが原因の場合も、白髪の改善に時間がかかることがあります。

 

このようなとき、白髪染めを使用することで白髪が目立たなくなり便利です。しかし、白髪染めの選び方に注意が必要です。

 

白髪染めを使用して頭皮がかぶれた、髪がパサついたという経験がありませんか。白髪染めに配合されている薬剤が頭皮や髪を傷めてしまうのです。そのため、頭皮に優しい成分や髪を保湿する成分など配合されている白髪染めがおすすめです。トリートメントタイプの白髪染めには、頭皮や髪に優しい成分が配合されています。使うほどにきれいに染まっていきます。

 

 

 

おすすめの白髪染めトリートメントはこれ!

 

利尻ヘアカラートリートメント

 

 

 

無添加にこだわった頭皮と髪の負担をかけにくい白髪染めが「利尻ヘアカラートリートメント」です。

 

利尻ヘアカラートリートメントは、ジアミン、タール系色素、パラベン、酸化剤、シリコン、鉱物油、香料など頭皮に刺激を与える成分を配合していません。そのため、頭皮と髪への負担が少なく、ヒリヒリしにくい特徴があります。

 

カラー成分には、イオンカラー、ナノ分子カラー、天然由来植物色素を使用しています。天然由来植物色素は、髪をいたわりながら白髪を染めてくれます。

 

さらに、植物由来の28種類の美髪成分まで配合をしています。注目の成分は利尻昆布です。利尻昆布は粘りが強く、この粘りには美髪成分がつまっています。天然由来の成分が髪に潤いを与えて、ツヤのある髪へと導きます。

 

 

 

 

ラサーナ

 

 

 

手軽に白髪ケアができると声をもらっている白髪染めが「ラサーナ」です。

 

ラサーナはトリートメントタイプの白髪染めです。トリートメントタイプは何度も使用しないと髪が染まらないことが珍しくないのですが、ラサーナは3回の使用でも簡単に染まります。

 

秘密はWカラー処方です。マイクロ染料とイオン染料のWの染料を配合することで、髪の内部まで染めます。さらに、天然色素も配合をしています。紫根エキスやウコンエキスといった天然色素を加えることで深みのある髪色へと近づきます。

 

髪をいたわることも考えて、真珠貝由来成分やブルターニュ産海藻エキスなどの美髪成分も加えています。髪を保護して潤う髪へと導きます。

 

 

 

 

髪萌ヘアカラーHATSUMOE

 

 

 

頭皮がピリピリしにくい白髪染めが「髪萌ヘアカラーHATSUMOE」です。93.3%もモニターがストレスを感じなかったと回答をしています。

 

頭皮がヒリヒリするのは、ジアミンという成分が配合されているからです。髪萌ヘアカラーHATSUMOEはジアミンを使用していません。独自のラッピング製法でキューティクルをケアしながら染めていきます。

 

敏感肌にも優しいように、クチナシの天然系色素を使用しています。イオンカラーや分子カラーも配合しているので、ヘアカラーなのにきちんと染めていきます。さらに、地肌を保護するバリア成分も加えました。ガゴメ昆布、美髪成分オイルなども加えているので、白髪を染ながらツヤと潤いのある髪へと導きます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

白髪が目につくときになってしまいますよね。老けた印象を与えることもあります。

 

白髪を抜きたくなりますが、抜いても白髪は生えてきます。そこで、トリートメントタイプの白髪染めを使用することがおすすめです。トリートメントタイプなら頭皮や髪へのダメージが少なく、使うたびにしっかりと染まっていきます。